Entries

スポンサーサイト

12/28のツイートまとめ

3or7935 論理はその飛躍をして論理であり得るってね。 12-28 23:48 経験の実在論 12-28 23:45 それはグルーのパラドクスではないだろうか? 12-28 22:28 休憩の休憩。 12-28 22:11 様々な局面で自由意思の有無が問題になる。責任は意思を持つ人が負うか行為が負うか、しかし行為が罰を受ける事ができるかといえば・・・。 12-28 22:03 自分が正しくある為に出来る事はない。何らかの正しい正しさに支配されている事を祈...

12/26のツイートまとめ

3or7935 正しさから集団性を排除できるだろうか。 12-26 23:45 「自分」は「主体」であるか。「自分」が「主体」である時に独我論は成り立つか。 12-26 23:44 全体を通してみないと分かり難いと思うなぁ。 12-26 23:34 例えば感覚、でなければ若しくはクオリアは「言語」であるか?言語はどこから、いつどの様にして言語で在るのか。 12-26 23:00...

12/19のツイートまとめ

3or7935 まぁその先へ行く事にしましょう。退行の旅へ。 12-19 01:25 何かが確実に正しい時にはただそれが正しい事によってのみ正しくある。 12-19 01:12 経済的困窮によって死ぬ人は経済的困窮を解消しなければ死ぬというは至極当然、所で別の話として経済的困窮とは何か、世の中には何十億と借金を背負って生き続けている人もいる。例えば人を死に追いやる経済的負債等が経済的困窮を産むとしてその要因はなにか。 12-19 01...

12/18のツイートまとめ

3or7935 そこが自殺しなければ人が救われたとみなす様な限定的な場であれば倫理は生まれるだろうか。その場において倫理や価値を語れるだろうか。 12-18 23:46 世界は認識論的な世界。それは認識される世界の中で限定されて現れる事実の世界。 12-18 23:45 むしろ経済的価値を超えて芸術が価値を持つならば人を殺すだろう。 12-18 23:40 「価値」自体が「無価値」でなければ、というのは世界の中に価値はない。という意味で...

12/17のツイートまとめ

3or7935 漫画なりがそれ自体を「モノ」として客体になってしまう問題。これは表現によってその構造のモノが生み出されるのか。それともその様な構造がそれそのモノたらしめるのか 12-17 01:32...

12/16のツイートまとめ

3or7935 まぁしかしハマカーンはツッコミをかえてだいぶ面白くなった感じ 12-16 19:59 誰にも優勝して欲しくない 12-16 19:52...

12/12のツイートまとめ

3or7935 情念に満ちている。 12-12 01:15 僕は彼が悪である事を確固として示すために、善悪を見失ったのだ。 12-12 00:55 今日は全く持って冴えていない。 12-12 00:51 すべてはすべてでしかない、その中身を言い表すことなどできない。 12-12 00:50 世界のあり方は主体としての自分になんらの影響も与えない。 12-12 00:48 自分という世界から独立した主体の姿勢や態度によって世界は姿を変えたりはしない。 12-12 00:...

12/08のツイートまとめ

3or7935 今語るべきでない事はあるかもしれない。その認識がある時には、少なくともそうである事は語られなければならない。 12-08 00:16 疑う余地のない前提があるという立場で議論をすれば歪にはなるだろうなぁ。 12-08 00:16...

12/07のツイートまとめ

3or7935 その形式。論理形式を示して分かる事は壮大であって、瑣末な事実に影響を与えることはない。 12-07 21:43 正義がどの様に扱われ得るか、というのが正義とは何かっていうこと。正義という概念が振舞うことが出来る、可能的限界。 12-07 21:42 日本という、若しくは「我々」が属する社会というコミュニティの領域では正義をどの様に扱っているだろうか。 12-07 21:40 断片的な条件を書き連ねることで、何れは全体を示...

12/05のツイートまとめ

3or7935 対象の名指し方に絶望的にセンスのない特定の人を見る。 12-05 22:46 信じている事のみが対立によってその輝きを放つ。 12-05 02:43 何かが間違いだと切り捨てる事は常に可能であるが、何かが正しいと確実に示す事は常に不可能。 12-05 02:38 私はそれが主体として、幸福である事が大事。 12-05 02:36...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。